Posted on
2017年10月10日
News Categories
セミナー・ワークショップ

第18回 Roasted Coffee 参加型品質ワークショップ(東京会場)開催のお知らせ ※10/10更新

Event Categories

2017/11/18

SCAJローストマスターズ委員会では、ワークショップ型の品質検証を開催いたします。今回のワークショップ参加者には、
SCAJから生豆5kgを事前にお送りいたします。それを参加者が自分で焙煎し、持ち寄り、焙煎度合い・時間・釜などの
環境の違いによる味の違いを、カッピングにて検証し、これからの焙煎に生かせる方法を参加者同士で模索します。

☆尚、参加者の持ち寄った焙煎豆は、すべてブラインドカッピングを行います。

開催日程 2017年11月18日(土) 10:00~16:30
※受付は9:30より、10:00ワークショップ開始となりますので遅れないようお願いいたします。
会 場 ワタル株式会社 東京本社 1階
〒105-0003 東京都港区西新橋2丁目11-9 (アクセス
※お問い合わせはすべてSCAJ事務局にお願いいたします。
参加資格 ロースター、焙煎にかかわる方、焙煎に興味のある方
※但し、焙煎豆を準備できる方に限らせていただきます。

※焙煎バッチをブレンドせずに提出できる方(提出量を1バッチでローストできない場合はバッチ毎に小分け提  
出していただくことになります。焙煎豆の提出の総量は800g)

※SCAJテクニカルスタンダード委員会の初級カッピングセミナー受講経験のある方が望ましいです。

参加費
SCAJ会員 SCAJ非会員
ワークショップ参加 20,000円 25,200円
通信講座 25,000円 30,200円

上記参加費には、コーヒー生豆5kg代が含まれております。
ただし、事務局への提出焙煎豆の返送費はご負担願います。
◆コーヒー生豆の追加を5KG単位で受け付けます。2,080円/kg(税込)

生豆情報
生産国:ケニア
生産エリア:ニエリ
標高:1700m
ファクトリー:GATOMBOYA
プロセス:フリーウォッシュド
品種:SL28&SL34
ローストマスターズ委員のブランドカップの平均点:85.5

※ご希望の方は、申込みフォーム内に追加数量をご記入のうえ、該当の金額を加えた金額をお振込みください。

【通信講座について】
通信講座参加者は、当日のワークショップに参加せず、焙煎豆だけを提出していただきます。
当日は通信講座参加者のサンプルのみを講師がカッピングを行います。(来場参加者のサンプルと混ぜての評価は行いません)評価について後日書面にてフィードバックします。
※書面の評価や表現は、テクニカルスタンダード委員会のカッピングセミナーに準じます。

募集定員 ワークショップ: 20名(会場) 通信講座: 10名
【最少催行人員】 ワークショップ15名 ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。(SCAJ会員優先)
※先着順で受付いたします
募集期間 2017年9月13日(水) 午前10時 ~ 2017年10月10日(火)午前10時
※募集締切を2017年10月19日(木)午前10時まで延長いたしました。
申し込み オンライン登録です。下記ボタンより、登録フォームに必要事項をご入力のうえ送信ください。
参加申込フォーム
ご参加の流れ 1.ご参加決定後、「参加登録手続きの案内」をお送りいたします。(10月10日以降順次送付)
                 ↓
2.ご返送いただく焙煎豆の数量につきましては、参加登録手続きの案内と一緒にお知らせいたします。
                 ↓
3.10月下旬から10月末までにサンプル生豆をご指定の住所へ発送いたします。
                 ↓
4.焙煎豆を所定の袋に入れ、11月15日(水)必着で、事務局までご返送ください。
スケジュール
9:30~9:50 受付
10:00~11:00 【カッピングカリブレーション】
SCAJテクニカルスタンダードのフォームを使用したカッピングトレーニング
SCAJローストマスターズ委員によるワークショップの主旨、説明
11:00~12:00 【ワークショップ開始】
カッピング1stセッション & ディスカッション
12:00~13:00 昼休み
13:00~14:30 カッピング2ndセッション &ディスカッション
14:30~15:00 全体のディスカッション
15:00~16:00 フリーディスカッションタイム
16:00~16:30 総評、今後の活動報告
16:30頃 終了